未分類

脱毛クリームムーモの成分効果と副作用の危険性を徹底解析!

この記事では脱毛クリームムーモの危険性について解説します。

ムーモに含まれている成分の効果と、その副作用危険度を一覧でまとめました。

結論から言うとmoomoは非常に安全性の高い脱毛クリームですが、それぞれの成分の効果や危険性が気になる人はこの記事をしっかり読んでいって下さいね!

安全性が高い!ムーモの公式ページはこちら!

成分名 効果 副作用の危険性
チオグリコール酸カルシウム 毛の構成成分でもあるたんぱく質を溶かすので、塗るだけで除毛できるというメリットがあります。
シア脂 皮膚を保護するとともに、皮膚の水分量を増加させることによるエモリエント効果もあります。
ダイズエキス ハリやツヤのある肌に整えます。角質層の潤いを保ちます。
シソエキス(1) 抗アレルギー作用の有効成分が含まれています。引き締め効果もあります。
水酸化カルシウム 古くからこんにゃくの凝固剤として使用されている成分です。
1,3-プロパンジオール 抗菌・防腐効果があるとともに、角層の水分量増加も見込めます。
1,2-ペンタンジオール 肌を柔らかくして水分量を増やします。抗菌・防腐効果もあります。
グリセリンモノ2-エチルヘキシルエーテル 保湿効果と抗菌効果が期待されています。
ポリオキシエチレンセチルエーテル 界面活性剤、乳化剤、溶解補助剤として用いられています。
ステアリルアルコール 成分の乳化を助けるとともに、感触を良くする目的で使用されます。
パラフィン 製品の感触をよくする役割があります。
流動パラフィン エモリエント効果や好感触にする効果があり、ミネラルオイルとも呼ばれています。
水酸化ナトリウム たんぱく質である毛を溶かします。
1,3-ブチレングリコール 皮膚を柔らかくし、保湿します。
香料 原料の嫌な臭いを抑え、リラックス効果をもたらします。

副作用の危険性:当サイトの基準で評価

脱毛クリームmoomo(ムーモ)に含まれている成分の効果と、その危険性を一覧でまとめました。

ムーモには危険度の高い成分は使われていないので、副作用が気になる人も安心して使うことが出来るでしょう!

ただし、顔やデリケートゾーンのような敏感な部位にはムーモを使うことは出来ません…。

これは他の脱毛クリームでも同じことなのですが、デリケートな部位のムダ毛を処理したい場合には除毛クリーム以外の方法を考えるようにしましょう。

腕・脚・うなじ・指・胸周りなどのムダ毛であれば、ムーモを使うことで安全にケアすることが出来るはずです。

安全性の高い脱毛クリームを探している人は、ぜひムーモを使ってみてくださいね!

安全性が高い!ムーモの公式ページはこちら!